自己破産の費用を安くするコツとは?

自己破産の費用を安い・格安するコツとは?

自己破産を検討しているのであれば多額な借金を抱え、経済的に生活が圧迫されている人がほとんどとしているのではないでしょうか。そこで返済が不能としている方では、早くに借金地獄から抜け出したいとしていることでしょう。しかしお金もなくどうすれば良いのか途方に暮れている方では、自己破産の費用をどうにか安く抑えることはできないものか模索している人もいるようです。

 

ここでは経済、生活ともに破綻状況としている方において少しでも役に立てればと思い、安い費用で人生のリセットができる手段としてまとめてみましたのでご覧下さいね!

 

自己破産に必要な費用とは?

 

  1. 同時廃止の場合
  2.  

    裁判所への申し立て費用として収入印紙代・予納金・郵券代・官報広告費など約3万円程度

     

  3. 管財事件の場合
  4.  

    裁判所への申し立て費用に加え、管財人への予納金が少額管財事件(弁護士に依頼する必要があり)では最低20万、一般の管財事件では最低50万が必要

 

予納金は裁判所の窓口で、現金により納付する必要があります。しかし管財事件など多額の現金を準備するのが難しい場合には、裁判所に相談することで分割納付も可能としています。

 

弁護士、司法書士の自己破産報酬が気になる!

 

比較的に司法書士のほうが債務整理費用全般においても安く設定しています。その理由として弁護士では裁判所での代理人としての役割も大きく、稼働時間を要することがあげられます。自己破産において相談、書類作成、申し立てから裁判所での審問、免責確定まで最後までトータルサポートとしている分、費用は高めとしています。

 

だからといって司法書士では満足することができないというわけではなく、免責確定とするまで全面的にバックアップ体制としてサポートしてくれます。そのため司法書士により自己破産手続きをし再出発している人も多く存在しています。

 

自己破産費用をなるべく安く抑えるには?

 

  • 本人が裁判所に申し立てをする
  •  

    私有財産を保有していない場合では、同時廃止となり手続きもそれほど難しくはないようです。そのため多少の自己破産の知識を身につけることで、裁判所の費用のみで手続き完了とすることができます。

     

  • 専門家の費用比較をする
  •  

    大手事務所から個人事務所まで債務整理に特化している事務所は多く存在しており、公式サイトでは明確な費用設定として記載しているところがあります。また様々な情報が溢れるネット社会としており、弁護士、司法書士の自己破産費用の比較サイトなど利用することで高いところ、安いところ、リーズナブルなところとしているところを把握することができます。

     

    そして初期費用、着手金、成功報酬不要としているところや、分割での支払い対応としているところにも関心を高めておきたいところでもあります。

     

  • 司法書士事務所に依頼する
  •  

    裁判所での代理人としての権限がない司法書士においても自己破産の書類作成や手続きの流れなど相談をすることができます。特に同時廃止としていれば、それほど弁護士との役割も変わりませんので比較的低料金な設定としている司法書士事務所に依頼することも自己破産の費用を安く抑えるコツとしています。

 

借金無料相談に注目!

 

事務所によっては法律相談30分で5,000円としているところが一般的としていますので、その分節約することができます。また何度でも相談無料としているところでは尚更チェックしておきましょう。気になることや不安なことそして何よりも理解してから依頼することができますので、失敗せずに自己破産を行うことができるとしています。